定期預金の有効利用

日本では一般的に貯金と言えば定期預金を指すケースが多いと思われますが、口座を開設するにあたり、何をポイントに選んでいるでしょうか。


多くの場合、近くにあるからとか、入社した会社と取引がある銀行だからといった理由で口座を開設しているのではないでしょうか。
貯金といいながら、普通口座にただ入れておくだけでは、お金はほとんど増えることはありません。


定期預金の口座への移行は勿論できますが、後々まとまったお金が必要になった時の事を考えて総合口座になるケースは少なくありません。
ただ、いつでも借りられるという感覚がお金が貯まらない最大の原因です。
自分を信用できない場合は、定期預金から借金ができない様にする方が無難かもしれません。


普通口座と定期預金口座では金利が違うのはご存じでしょうか。
際、普通口座の残高が必要額に満たなかった場合、定期預金を解約しなくてもお金を借りることができます。
銀行によって金利は異なりますので、事前に調べることをお勧めします。


金利のランキング上位は実店舗を持たないインターネット上の銀行です。
ネットバンクの金利が最高0.3%なのに対して、大手都市銀行の金利は平均0.025%ですから、1/10もの差があるのです。
100万円の預金額に対してネットバンクでは3000円の金利ですが、都市銀行の場合250円なのですから、その差は歴然です。


このサイトでは定期預金を賢く選択する方法をご紹介し、満期後の有効利用について考えるきっかけとなれば幸いです。

Copyright © 2014 定期預金の使い道 All Rights Reserved.